東南アジア最大級(5カ国、41ヨガスタジオが連携)のオンラインヨガプラットフォームをアンダーザライト海外関連会社が開設

2 min 107 views
OMTOGETHER
ad

ヨガイベント「オーガニックライフTOKYO (今年は“ネットで” 開催:4月17日~4月19日、28,099人が参加)」を企画運営する株式会社アンダーザライト(東京・渋谷区、代表:倉持倫之)のマレーシア関連会社アンダーザライトマレーシア( Holistic Yoga Studio SDN. BHD.、代表:伊藤肇)は、新型コロナウィルス対策で困窮する東南アジアのヨガ業界とヨガインストラクターを支援するため、東南アジア最大級のオンラインヨガプラットフォーム「OMTOGETHER.NET(オムトゥギャザー) https://omtogether.net/ 」を2020年5月15日にプレオープンしました。(※グランドオープン2020年夏予定)

バンダちゃん

バンダちゃん

倉持さんと伊藤さんがこういうオンラインヨガプラットフォームを作ってくれてなんだか一安心です。

OMTOGETHER.NET(オムトゥギャザー)4つのポイント

1.東南アジアの人気ヨガインストラクターが集結(5カ国41スタジオが連携)
アティリア・ハロン(ダボス会議やASEANサミットで登壇)、ジェームス・ウォン(ヨガ解剖学と姿勢学習の権威)、ローラ・フランシス(フィリピンヨガ界の第一人者)など、東南アジアを代表するヨガインストラクターが集結し、オンラインヨガを提供。現時点で東南アジア最大級のプラットフォームであり、今後先行する米国の各種サービスを凌駕する規模へと拡大を目指します。
参考URL: https://omtogether.net/

2.32カ国、2.8万人参加の過去イベント等 参加者へのリーチ
これまでの大規模ヨガイベントの開催で得た、32カ国(日本、アメリカ、イギリス、香港、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、韓国、オーストラリア、フランス、スイス、など)に渡る、2.8万人のリーチを元に、オンラインヨガの利点を生かして国境を越えたサービス展開をします。

3.東南アジアヨガ業界を支援するため、5ヶ月間は収益の全てをヨガインストラクターに還元
コロナ禍で困窮する東南アジアのヨガ業界と、ヨガインストラクターを支援するため、サービス開始の2020年5月から2020年9月末までの5ヶ月間は、収益(※売上-決済手数料、システム利用料等)のすべてを、インストラクターに還元します。(対象国:マレーシア、インドネシア、フィリピン、タイのみ)

4.日本のヨガインストラクターの海外進出も支援
日本国内においては、日本ですでに活躍し、その舞台を世界に拡大しようとしているヨガインストラクターに対する海外進出のプラットフォームとしての役割を果たします。

ライブオンラインクラス一覧
https://omtogether.net/collections/live-online-class

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です